ムトウの日記

ムトウの日記

ライフハックや脳科学、心理学などを紹介する雑記ブログだよ!迷走中だよ!

認知症を予防する?睡眠が認知症の原因物質を洗い流す

f:id:nonnsuger:20170122194439j:plain

 

こんにちは、ムトウです!

今回は「脳が目覚めるたった1つの習慣」より「睡眠」に関する情報をシェアしてきます。睡眠って脳にとって、とても大切なんですよ!

前回の記事はこちら↓

non-suger.hatenablog.com

 

 

睡眠で脳細胞神経の隙間を広げ、「アミロイドβ」を排出する

適度な睡眠には、認知症を予防する効果があることがわかっています。

認知症の一種であり、もっとも多い種類の「アルツハイマー認知症」の原因物質に、「アミロイドβ」と呼ばれるタンパク質があります。脳内に蓄積するアミロイドβなどの有害物質が、睡眠によって洗い流される可能性があることがわかったのです

これは、2013年にアメリカのロチェスター大学医療センターのマイケン・ネーデルガード博士たちのマウスを使った研究によって明らかになりました。

脳細胞と脳細胞の間には、脳脊髄液という液体が流れていて、脳の老廃物を排出しています。その脳細胞間の隙間が眠っているときは通常の60%も多く広がり、脳脊髄液がより速いスピードで流れて、排出される老廃物の量も多いことがわかったのです。また、この老廃物の中に、認知症の発症につながるアミロイドβが含まれています。

 

脳内老廃物の排出は「グリンパティック系」と呼ばれる循環システムで起りますが、この循環システムは目が覚めているときよりも、寝ている間にその活動量が約10倍になるとされています。

つまり、適切な睡眠時間を取ることで、認知症のリスクを下げることが出来る可能性が高いのです。脳が持っている驚くべき自浄作用を知り、脳の健康のため、脳力アップのために積極的に役立ててください。

 

ポイント

アミロイドβ」の排出機能は、寝ている間に10倍アップ!

しっかり睡眠を取って、認知症を予防しよう。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする