ムトウの日記

ムトウの日記

ライフハックや脳科学、心理学などを紹介する雑記ブログだよ!迷走中だよ!

遊びの重要性とは?エッセンシャル思考にあった遊びが大切な3つの理由

 

 

『エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする』

という本を読んでいたところ、"遊び" についてその通りだなあ、と思う箇所があったのでメモしておこうと思います。

 

 

精神科医でナショナル・インスティテュート・フォー・プレイの創始者であるスチュアート・ブラウンは6000人を対象に遊びと成長の調査をおこない、遊びが人間のさまざまな面に良い影響を及ぼすという結論を得た。遊ぶと身体が健康になり、人間関係が改善され、頭がよくなり、イノベーションを起こしやすくなる。「遊びは脳の柔軟性と順応性を高め、創造的にしてくれます」と彼は言う。「遊びほど脳を奮い立たせる行動はほかにありません」

 精神は遊びを求めている

遊びは、生きるために必要不可欠なものだ。
最近の研究によると、動物は遊びを通じて主要な認知スキルを発達させているらしい。実際、遊びが種の生存を左右することもあるほどだ。

15年間にわたってハイイログマの生態を研究しているボブ・フェイガンは、よく遊ぶ熊ほど長生きすることを発見した。彼はこう説明する。「世界はたえず変化し、未知の課題や不確実な状況を突きつけます。遊びはそうした変化への対応力を育むのです」

神経科学者のジャーク・パンクセップも、同様の意見を述べている。
「たしかに言えるのは、遊んでいるときの動物たちがきわめて柔軟で創造的な行動をとるということだ」

 

 

遊びが大切な理由1

遊びは選択肢を広げてくれる。それまで気づかなかった可能性や、思いがけないつながりに気づかせてくれる。遊ぶことで、私たちの視野は広がり、常識にとらわれないやり方が見えてくる。意識の流れが豊かになり、新たなストーリーを発見できる。
あのアインシュタインも、次のように語っている。
「自分自身や自分の考えを振り返ってみると、有用な知識を覚える能力よりも、空想する力の方が大きな位置を占めているようだ」

 

 

遊びが大切な理由2

遊びはストレスを軽減してくれる。ストレスは生産性を下げ、好奇心や創造性の働きを弱める。仕事でストレスを感じたとたん何もかもがうまくいかなくなるという経験は誰にでもあるだろう。部屋の鍵は見つからず、ものにぶつかりやすくなったり、キッチンのテーブルに大事な書類を置き忘れる。
最近の研究によると、これはストレスが脳に影響を与えるためらしい。ストレスによって感情をつかさどる部分(偏桃体)の働きが強くなり、認知機能をつかさどる部分(海馬)の働きが弱くなるのだ。その結果、うまくものを考えられなくなってしまう。

 

 

遊びが大切な理由3

遊びは脳の高度な機能を活性化する。精神科医のエドワード・M・ハロウェルによると「(遊びは)脳の実行機能に良い影響を与える。実行機能とは、計画、優先順位づけ、スケジューリング、予測、委譲、決断、分析など。つまりビジネスでの成功に不可欠なスキルを多く含むものである」
遊びは脳の論理的で冷静な部分を刺激すると同時に、自由奔放な探求心をも刺激してくれる。主要な発見の多くが遊びを通じて生まれるのは、そのためだ。ハロウェルはこう述べる。

コロンブスは遊んでいるときに、地球が丸いことを思いついた。ニュートンはぼんやりと心を遊ばせているときに、木から落ちるリンゴを見て万有引力の着想を得た。ワトソンとクリックはDNAの形を遊び半分で空想していたとき、二重らせんという形に行き着いた。シェイクスピアは言葉遊びを生涯やりつづけた。モーツァルトは寝ているとこ以外はつねに遊んでいた。アインシュタインは実験という行為こそ、精神が遊びを求めている何よりの証拠だと考えた。」

 

脳の機能は「遊ぶ時」に力を発揮するのは、確かにその通りだなあ、と思いました。

 

人って、遊んでるときは童心に帰れるし、時間があっという間に過ぎますよね。

そのあっという間に過ぎた時間は、その体感レベルで感じた時間しか年を取らないとい

う話をどこかで聞いたことがあります。

細胞レベルで身体が活性化して、若々しい状態を保っているんでしょうね。

いつまでも若々しくいるためにも、よく遊ぶことが重要なんじゃないかなぁと思いました。

 

そして、脳をフル活用する為にも、仕事や生活に少しでいいので、上手に遊びを取り入れることも考えてみるといいかも知れないですね。

 

今回はエッセンシャル思考の「遊び」の部分だけを紹介しましたが、

それ以外の内容もとても充実していました。

 

この本は、「何かを得るには、何かを捨てる必要がある」という主張が繰り返されていて、「なんでもやってみる」という趣旨とは真逆の本です。

 

「あなたにとって本当に大切な事は何?」ということを何度も問いただされます(笑)

 

大切なことだけに集中するには、どうしたらいいか? という本、

例えば、いろんな仕事に手出しすぎて、結局どれも中途半端になってしまうような方、、、

そういった悩みを抱えている方には、向いている内容だと思います。

 

気になった方はぜひ読んでみて下さい。きっと何かの気付きが得られると思いますよ。

 

 

広告を非表示にする